読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep It Real BLOG

ソフトウェアエンジニア。1児の父。 酒、ラーメン、サッカー好き。旅行も好きですが、普段は出不精で大抵たまプラーザ界隈に居ます。

iOSシミュレーターでネットワークの状態を悪くする方法

iOS

f:id:naohide_a:20160529212611p:plain

iOSの実機だと開発者用の設定があり、簡単に3G等の状態にネットワーク設定出来るのですが、シュミレーターだと簡単には出来なかったので、メモしておきます。

アプリケーションをインストールする

Xcodeのメニューから、More Developer Toolsを選択します。

f:id:naohide_a:20160529213251p:plain

Hardware IO Tools というMac用のアプリケーションをダウンロードします。

f:id:naohide_a:20160529213303p:plain

パッケージ内から、Network Link Conditioner.prefPane をダブルクリックし、インストールします。

インストールすると、システム環境設定内に Network Link Conditioner というアイコンが出てくるので、インストール終了です。

f:id:naohide_a:20160529213446p:plain

ネットワーク設定

Network Link Conditioner を開き、OFFからONに切り替えます。

また、プロファイルを3Gなど、自分の好きなネットワークに切り替えれば、ネットワーク設定の終了です。

f:id:naohide_a:20160529213815p:plain

これで、大分遅いネットワークにも対応出来るようになりました。

これは結構助かる機能ですね!