読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep It Real BLOG

ソフトウェアエンジニア。1児の父。 酒、ラーメン、サッカー好き。旅行も好きですが、普段は出不精で大抵たまプラーザ界隈に居ます。

DjangoのCORS設定で、headersのcache-controlを許可する方法

Web Web-Django

f:id:naohide_a:20151202202517j:plain

Djangoでクロスサイトドメインを扱う際に、 django-cors-headers というライブラリを使用しているのですが、このライブラリが cache-control を許可しておらず、少しハマりました。

cache-controlを許可する方法

設定ファイルに以下を追加します。

CORS_ALLOW_HEADERS = ('x-requested-with', 'content-type', 'accept', 'origin', 'authorization',
                      'x-csrftoken', 'cache-control')

元々、 cache-control はデフォルトで入っているものなので、上書きして、 cache-control も追加してあげるという感じです。